本文へスキップ

水道工事に頼らざるをえないトラブルは日常的なことです。

トイレのトラブル

トイレ水漏れ

トイレのトラブル 写真

トイレのどこかで水漏れを起すという事件はよくあるので、ここ数年で1回位は誰しも 経験したことがあるかもしれませんし、ないかもしれません。 漏れる箇所は水の通り道ならどこでもありで、給水管の接続部分ならいつ漏れても 仕方のないことなので諦めて早めに修理しましょう。 トイレタンクまでの給水管周辺からの水漏れで水たまりができるようですと原因は はっきりと断定でき、給水管接続部のパッキンが老朽化しているか給水管そのものが 老朽化していると考えられます。 その部分を修理すれば解決するので、被害状況は深刻だとしても安心しましょう。 トイレタンクから便器の間で水漏れしている場合も同じで、洗浄管のどこかが老朽化 しているために漏れてしまっていると考えられます。 やはりパッキンを交換するか、洗浄管を修理することで解決可能です。 便器と床の間に水たまりができる場合、一番の原因は申し上げにくいのですが実は トイレ使用者(主に男性)にあるようです。 狙いが外れてはみだしてる、これが理由で便器周辺に黄色い水たまりを作っている ケースが非常に多く、姿勢を変えるだけで修理の必要はありません。 使用者(男性)に心当たりがないのならガスケット不良かフランジの接続不良が原因 となりますが、あまり起こることではありません。 トイレ使用後も水が止まらない、少量だけど流れ続ける場合はタンク内の排水便が 故障している可能性が高いのでその部分を修理しましょう。 このあたりがトイレの水漏れで水道工事をするケースでしょうか。



トイレの詰まり

絶望的な状況になるトイレの故障といえば誰もが口を揃えて「それは詰まることだよ。 汚水が逆流してくるのを君は見たことあるかい?その場から逃げ出したくなるんだ。 だいの大人がダッシュでね」と言うはずです。 ダッシュは大袈裟ですがゆっくりと後ずさるように立ち去り、そっとドアを閉じて服を 着替えて「髪が伸びてきたし切りに行こうかな」と呟いて美容室へ予約の電話をして、 玄関でバッシュを履いてさっさと家から飛び出して車検から戻ってきたばかりの愛車 に乗り込みたい衝動に駆られるのは間違いありません。 それほどショッキングでおぞましいのがトイレ詰まりで、夢だと思いたい、しばらく して見に行けばさっきのは幻覚できっと元通りのトイレがあるだけさ、と現実逃避 したくなるのも無理からぬことでしょう。 この惨劇を引き起こす原因は便器内か配水管に(おそらく)異物が詰まることで、 水が流れていかず逆流して戻ってくるのです。 出口が塞がっているのに便器内に水がどんどん流されると、それはもう溢れ出すのは 当たり前の現象なことくらい中学生でもわかることです。 詰まりを解消させる方法はキュッポンキュッポンやるやつ(ラバーカップ)を使って 内部の異物を動かして流れを取り戻すのが一般的な方法です。 詰まっている部分がなくなれば元通りになるでしょう。 でもこれは排便した物がこちら側に舞い戻ってくる姿を目にすることになるので、 自分ではやりたくないというのが現代人の共通認識です。 ついつい水道工事のプロに任せようと甘えてしまうのです。


排水時の異音

トイレ使用後は水を流すのが社会のルールなので、若いうちからそのように家庭や 学校で厳しく教育を受けているはずです。 たまに公衆トイレやデパート、ゲームセンターで流されていない大きい方の便座に 出会うこともありますが、それはうっかり流し忘れただけか嫌がらせ、心に闇を持つ がゆえの行動で良くない事と自覚していつつそうしている場合でしょう。 わずかながら故障していて流せない、だから悔しいけどそのままにして個室から退出 したという可能性もありますが、そのような方の使用後のトイレにたまたま出くわす というのも相当に珍しいかもしれません、 まあどんな場所のトイレであろうと使った後は水を流して少しでも清潔に保つので、 トイレに入れば真っ白い便器とご対面するのが普通でしょう。 この「水を流す」についてですが、ジャーと音をたてていろいろと流してくれる水流 が原因の爆音だけなら問題ないのですが、苦しそうな「ボコゴゴボゴー」とあまり 聞きなれない異音を出すことがあります。 このような音がするようになると排水管、つまり便器から水などを排出する管が 詰まってしまう危険が接近しているかもしれません。 スムーズに流れていればこんな音はしないので、流れを妨げるなんらかの障害が 見えないところで発生しているのでしょう。 配管が傾いているせいでこの異音がすることもありますが、やはり水流が滞る原因 になるのでそのまま使用を続けると問題発生となるかもしれません。



バナースペース