本文へスキップ

水道工事に頼らざるをえないトラブルは日常的なことです。

浴室のトラブル

お風呂の水漏れ

浴室のトラブル 写真

蛇口あるところに水漏れあり、こればかりは長い年月使っているうちに必ず起こる のですが、防ぎようのないどうしようもないことです。 なので気になりだしたら修理・交換で対応するしかありません。 シャワーの先からポタポタと水滴が落下するのは映画のワンシーンでもよく見られ、 「これってなかなか感慨深い描写だな」と思わせたりもするので悪くない気もするの ですが、自分の住宅の浴場で同じことが起こったら同じ事を言えるわけがありません。 不必要な水が流れてしまうので水道料金も無駄に増えるばかりか、だらしのない印象 を与えるバスルームになってしまいます。 蛇口を閉めたら一滴も漏らさず水が止まらなければ困ってしまいますので、ポタポタ 水滴が出続けるようになったら点検してみましょう。 たいていはパッキンの老朽化で締りが悪くなっているだけのことなので、そこを交換 すれば元通りの締まり良い蛇口に復活します。 この程度の水漏れなら軽いほうで、もっと深刻なのが下の階に水漏れが発生してしまう ケース、とくにマンションだと大問題になります。 マンションだと浴室をそのまま使っていても水漏れが発生して階下の住民に迷惑を かけていることに気付きませんが、被害を受けている方はたまったもんじゃありません。 原因不明の水が零れてくるので夜も安眠できません。 壁の中の給水管か配水管に漏水が起こっていると思われますので、場所を特定して 修理することになります。



お風呂の詰まり

バスルームで排水が詰まってしまうと、トイレほどの惨状ではありませんがやっかい なことにはかわりありません。 大量に水やお湯を流さなければヘアーやボディーを洗浄できないのに、そのお湯が 排水されず浴室に留まり続けるので、浴槽にお湯を張るが如く浴場にお湯の池が 誕生するような不思議な状況になるでしょう。 ならお湯を流さなければいいじゃないか、と機転を利かせてみても、それでは入浴 が成立しないバスタイムになってしまいます。 浴槽にお湯を入れて浸かる、それだけならきっといまくいくでしょうが、その浴槽 のお湯を排水するところも詰まっていたらお湯を交換することができませんので、 同じお湯を何年も交換せずに使いまわすしか手はなく、試したことがないので自信 を持って言えるわけではないですが、身体を壊してしまいそうです。 そんなお風呂に入る位なら無入浴のほうがまし、そんなバスタイムになりそうです。 なんにせよ詰まってそうな感覚がしてきたら早めに対処して楽しいお風呂タイムを 邪魔されないようにしたほうがいいでしょう。 スムーズではないけど時間をかければ流れていく、というのも完全に詰まる前に さっさと直してしまったほうがいいので早め早めに対策です。 排水口のトラップを調べてみて、そこに髪の毛や他の毛があったら取り除きます。 これでも排水がいまいちなら配水管のどこかで詰まりが生じているので、本格的に 水道工事を行わなければなりません。



浴室の異臭

自慢の肉体や髪の毛を綺麗に洗う浴室は清潔であるべきで、見も心も清めることが 出来そうな空間であるべきだと常々考えています。 石鹸やシャンプーのいい香りがする、それがお風呂の正しい姿で生臭い魚の臭いや トイレの臭いがするバスルームではどんなに上手に鼻歌を奏でながらゴシゴシ身体を 洗っても、あんまり清潔になれる気がしません。 たかが臭いだけでそんな心理になるわけがないと疑う人もいますが、鼻腔から感じる 情報によって気分が高揚することは分野によっては当たり前の事です。 たとえば食事の席でおいしい匂いを嗅げば食欲は増しますし、花粉症の季節に鼻が 詰まっていると何を食べてもあまり美味とは感じなくなります。 匂いの持つ効果は絶大で、何も無しの無臭状態とは違った味付けをいろいろなものに してくれるので、あらゆる場面で無視できない要素にもなるのです。 なのでお風呂場でも異臭がしていると嫌な気持ちになり、洗っても洗っても全然 綺麗になっていない錯覚に陥ってしまうのです。 浴場で異臭がした場合、主な発生源は排水口でしょう。 排水口は下水道に繋がっているので、その臭いが遡ってきていると考えられます。 通常はそれを防ぐためにトラップが付いているので臭いをシャットアウトしている はずですが、もし異臭がするのならそこに不具合が発生していると思われます。 しばらく使われていなかっらバスルームならともかく、頻繁に使用されていても異臭 がするようなら一度点検してみましょう。



バナースペース