本文へスキップ

水道工事に頼らざるをえないトラブルは日常的なことです。

水回りのリフォーム

トイレのリフォーム

水回りのリフォーム 写真

トイレリフォームにもいろいろありますが、今現在一番望まれるトイレのリフォーム は和式の便器から洋式の便器へのチェンジでしょう。 いまでは公共の場所でも和式便器よりも洋式便器のほうが数も多くなってきましたし、 洋式タイプした使ったことがないという少年少女も少なくないそうです。 姿勢を考えても洋式の方が楽ですので一度この味を知ってしまったら和式には戻れない、 そんな年配の方もいるでしょうし体力が衰えてきて和式では転んでしまう、そんな お年寄りも増加中ではないでしょうか。 最近新築された注文住宅や建売住宅、デザイナーズマンションなら洋式便器が標準装備 されていそうですが、築20年とかそれ以前の建物だと和式便器もまだまだ残っており トイレリフォームと水道工事で洋式の便器に取り替え、そう計画しているご家庭も 結構な数になると予想されます。 この交換はただ便器を入れ換えるだけではなく水道工事も伴います。 配管が変わりますし構造も全く違うから上辺の便器交換だけでは済みません。 可能なら広さや間取りも調整して快適なスペースになるよう、みんながスッキリと 用を足せるエリアとなるようリフォームでは考えましょう。 そこの住民はどんな人達か、バリアフリーも考慮すべきか、といったことも重要に なるでしょうし、ウォシュレットも付けてみるか、雑誌や予備のトイレットペーパー や掃除用品を置くスペースはどうか、手を洗うのはどこか、そんなことまで吟味 して完成後の姿を頭に浮かべるのです。 リフォーム後は楽しく過ごせる場所になるようにしましょう。



お風呂場のリフォーム

お湯が出て浴槽がある、あるいは浴槽でお湯が沸かせることができれば一応は浴室 であるとみなされますが、ここ数十年でバスルームもかなり進化しています。 なのでバスルームをリフォームしようとお考えなら今ではどんな設備があるのか、 優れた機能を持つ備品には何があるのか、そうした情報収集から始めましょう。 ワンルームマンションによくあるシステムバスで充分という人もいるでしょうし、 その分他の空間を広く取れるのなら浴場を小さくしてしまうのもひとつのアイデアです。 リフォームというと立派にするバージョンアップを想像しがちですが、逆にスケール を縮小することだって考えてみれば間違いではないのです。 1人ではこのお風呂場は広すぎる、それに冬は広いとなかなか室内が暖まらないから 凍えてしまう、ならば面積を2割削ってみようと考える人だっています。 かわりに脱衣所を広くするか、洗濯機置き場を広くするか、廊下を広くするかは お好きなように決められますしライフスタイルに合わせればいいでしょう。 また近代化の象徴ともいえる設備もいろいろとあり、浴室に暖房を導入することも 寒い地域ではここのところよくあるようです。 冬場の寒い浴室をなんとかしたい、そう思っている人が多いせいか寒さ対策はかなり 重要視されているようなので参考にさせてもらいましょう。 あとは細かい部分ですが排水が詰まりにくい構造になるよう水道工事の際には依頼 しておくと、日常のメンテナンスの負担が減らされるかもしれません。 どうしても髪の毛なんかが流れていくので詰まり対策は必要です。 それを解消しやすい設計をお願いしましょう。



キッチンのリフォーム

30代〜40代の主婦に「今一番欲しい物はなんですか?」とアンケートをしてみれば きっと1位は「新品のシステムキッチン」になるでしょう。 毎日の家事の中でも一番創意工夫を必要とし、ただの作業の繰り返しではなく毎日が 新しい発見の連続になるのが調理です。 その活動の場になるキッチンは料理人なら拘りを持って自分好みの設備にしたいで しょうから、毎日料理をする主婦にとっては大切な場所となります。 「もっとたくさん収納できる食器棚が欲しい」「今よりも1つ多くお鍋を同時に使える ようにならないかしら」「蛇口が1つじゃ足りないわ、冷水専用でいいから追加で 取り付けられないかしら」「料理中に手の届く範囲に調味料を整然と並べられるような 棚があったら効率がよくなるのに」、毎日そんなことを呟きながら調理しています。 もっと大きな冷蔵庫が欲しいけど置く場所がない、大きなフライパンが欲しいけど 収納するスペースがない、そうして諦めた夢もいくつかあるでしょう。 でもキッチンをリフォームして自分専用にカスタマイズしてしまえばそんな欲求は 全て叶えることができるのです。 古くなってきたからという理由がなくても、使いにくければリフォームするには充分 な動機になるので他の部分よりもその頻度は多いかもしれません。 もちろん水道工事も同時にすることになるのでそんなに頻繁にはやるべきではない、 それは当たり前のことですが使いにくいキッチンをこの先何年も使用し続けることを 思うとどうしても夢見てしまうのでしょう。 リフォームを前向きに考え始めたら、メーカーのショールームを覗いてどんな設備が あるのか下調べをしることから始めましょう。



バナースペース